シングルマザーで生活が苦しい|カードローン利用で気を付ける点は?

シングルマザーでは収入が限られるために生活が苦しくなることが起こりがちです。

 

そこで、カードローンを活用すると、生活費が足りなくなった時には補うことができる利便性が出てくることになります。しかし、シングルマザーではカードローンの利用で気を付ける点があります。

 

シングルマザーのカードローン利用の注意点としては、まず借り入れ金利が高くなる傾向があることが挙げられます。とくにパートといった非正規雇用者の場合には、支払金利が18%と最高の値に設定されることが多くなります

 

カードローンでシングルマザーの注意点

そのため、シングルマザーではカードローンの返済負担が普通以上に重くなることに注意したいです。また、シングルマザーのカードローン利用の注意点では、借入限度額が低く設定されることが挙げられます。

 

金融機関ではシングルマザーの場合には信用力が低くなる傾向があることから、借入限度額は最高でも30万円程度までが多いです。そのため、借入限度額に達している場合には、生活が苦しくても借り入れができなくなることが起こってきます。

 

それでも、シングルマザーの家庭では生活費の捻出のために、仕方なく他の金融機関でカードローンを組むケースがあります。しかし、多重債務を抱えるとますます返済の負担が重くなるために、カードローン利用はより計画的に行うことが重要です。